【Mリーグ】U-NEXT Pirates石橋、ついに赤5索切り4-7索待ちでたろうを打ち取る!

石橋選手の赤5索切り4-7索待ち麻雀

2020年11月23日のMリーグ1戦目。

U-NEXT Piratesの石橋伸洋選手が、赤5索切りの4-7索両面待ちに受け、鈴木たろう選手から見事満貫を打ち取りました。

以前からの布石と言い、次局のたろう選手のリベンジと言い、その後のたろうたろうちゃんねるでの対局検討配信でのやり取りと言い、面白さが詰まった半荘でした。

今回は、石橋選手の赤5S切り4-7S待ちからのあがりが炸裂した南1局2本場を中心に、この半荘を振り返ってみたいと思います

たろう選手の静かな怒りの表情や、唖然として数秒固まる様子なども含めて、見ていて楽しい局でした。

まずは状況のおさらい

11月23日のMリーグ1戦目の出場選手は起家から、

和久津晶(セガサミーフェニックス)
石橋伸洋(U-NEXT Pirates)
鈴木たろう(赤坂ドリブンズ)
岡田紗佳(KADOKAWAサクラナイツ)

この日の時点でまだ各チーム3分の1も試合を消化していないため、多少上下のポイント差は付いてきたものの、まだ条件戦を考える状況ではない状態。

南1局1本場が終わった時点での点数状況はこちら。

今回は石橋選手の赤切りあがりの局を記事にするので詳細は割愛しますが、東3局1本場で、最も聴牌が遅れたたろう選手が、立直をかけていた石橋選手から3,900点を打ち取りました。

(後から振り返ると、これが南場の石橋選手と鈴木たろう選手の打ち合いの布石という感じになります。)

その後、和久津選手が満貫をツモって抜け出した状況です。

【南1局2本場】石橋選手、赤5S切り4-7S待ちの満貫をたろう選手から打ち取る

南1局2本場。

ここで今回取り上げる局になる訳ですが、配牌時にトラブル。
たろう選手の配牌が1牌足りない状況で配られるという卓トラブルが発生し、15分近く試合が中断します。

卓トラブル

たられば話ですが、この時の卓トラブルが無ければこの後の南1局2本場の戦いも全く異なるものになっていたでしょう。

トラブル解消後、対局が再開。

石橋選手は序盤にダブ南と3萬をポン
浮かせていたドラの1索をその後に2枚引いて満貫、跳満が見える状況に。

そして、4萬を引いて、ドラを暗刻から1枚切って頭にしての満貫聴牌。
この時、6索切って5索単騎待ちにすれば跳満の聴牌でしたが、さすがにそれだとあがり率格段に違うので打点落として両面待ち。

ドラ1索切りで聴牌

そして次順に問題の打牌が!

石橋選手、黒5索をツモったところで赤5索を切ります

石橋選手の赤5索切り

赤切りしての跨ぎ、4-7索待ち。
これで出あがり率を少しでも上げます。
打点的にも、もともとダブ南ドラ3だったところ、1枚ドラを切っても満貫で変わらず。

実況と解説の日吉さん、渋川難波プロも大興奮。

日吉「うあー、出た出た!俺の赤切りは信用するなよお前ら!
(中略)
渋川「でも、打点が全然変わんないんで、これはやった方が得ですよね
(中略)
日吉「いやー、また今日も出したぞ
渋川「やりましたね、やった

もともと2つ鳴いていて、しかもダブ南晒しているので簡単に出ない4-7索。
それを、勝負しようか迷った人の背中を押す効果を狙ってのもの。

このトキの石橋選手の摸打、何の迷いも淀みも無かったので、おそらく最初から考えていて決めていたのだと思います。

ちなみに私はこの時、前巡に6索切って赤5S単騎待ちにしていれば跳満ツモッてた!と程度の低いことを思ったりしてました。。

この後さらに巡目は進んで、流局間際。
石橋選手、ここで赤5萬を引いて、ここは手の中から黒5萬と入れ替え。

これも、赤5索を切っていなければ跳満に変わっていたのに、と思う所ですが、ツモあがりしていたならともかく、赤5索を切ったからこそこの後4-7索が出たのだと思うと、色々とドラマを盛り上げた赤5萬でした。

この後たろう選手は振り込みますが、後にこの時の対局を振り返って、ここで手出しが入った事で迷いが生まれたことを語っています。

さて、決着の時。
直後にたろう選手、この形になります。
(ちなみに、この局は途中から和久津選手と岡田選手は受けに回っているように見えたので、実質石橋VSたろうの構図)

日吉「無筋きた!無筋きた無筋きた!!
渋川「ヤバい、これはヤバい、これヤバいですね

たろう選手、めちゃくちゃ長考して。。。

石橋に4索を振り込む鈴木たろう

打った!!

日吉「4索だ!これは石橋、赤切りがついに生きたあ!
渋川「出たー
日吉「俺を信用するんじゃねえぞ、神様よ。やったなてめえ、といったところ

私は3人の実況アナの内、松嶋さん実況が好きですが、この時は日吉さんのうるさいくらいの興奮が面白くてオッケーでした。
(若干声が大きくて渋川さんの発言が聞き取りづらいのがたまに瑕ですが(笑))

呆然とする鈴木たろう

呆然とする鈴木たろう選手。

あがり形の確認から点棒払う動作をするまで、2~3秒固まっていました。
めっちゃムカついてますね(笑)

逆にようやく赤切りを餌に使ったあがりが生きたバッシー。
点数的にも東3局の倍返しで気持ち良かったでしょうね。

この後触れますが、この時の対局をたろう選手が鈴木たろうちゃんねるで振り返ってますが、そちらも必見です。

【南2局0本場】たろう選手、怒りの立直で石橋選手に1.5倍返し

これで二着目に浮上した石橋選手、親番を迎えますが、これで終わらないから面白い。

メインで触れたかったのが石橋選手の赤切りの局だったので詳細は割愛しますが、直後の南2局0本場で、石橋選手の先制リーチにひっそりとダマテンしていたたろう選手が16巡目にドラ切り追っかけリーチ!

誰も一つも鳴きが入っていない状況。

南家のたろう選手は、ここでリーチを掛ければ残り二回のツモで一発もしくはハイテイ(海底摸月)ツモが付き裏ドラ依存しない跳満ツモの抽選を2回受けれます。

で。
案の定と言うべきか、オカルトチックな話ですが運命に導かれるように最後のツモ番で、石橋選手は山に残っていた最後のたろう選手のあがり牌を掴んでしまい。。

日吉「うわあー、やり返した!」
渋川「やり返した、やり返したあ」
日吉「石橋、これはキツイ」

裏ドラ2枚乗って、跳満の12,000点。

前局の満貫のお返しとばかりに跳満。

日吉「裏ドラ二枚の倍返しだ!神様の鉄槌が降ってきた!!
渋川「1.5倍返しですけど。ふふっ

解説席も大盛り上がり。
渋川さん、ナイスつっこみ。

バッシーもほっぺた膨らませてこの表情。

ほっぺたを膨らませて悔しがる石橋

日吉「いやぁ、石橋も不貞腐れる。それも当然」
渋川「いや、不貞腐れていないです。冷静です、冷静。」

これでラスに落ちてしまった石橋選手。

いやぁ、面白い。
お互いにやりあう石橋選手とたろう選手。

パイレーツファンの私としては悔しさもあるのですが、東3局からの流れが抜群に面白かったです。

【南4局2本場】石橋選手、たろう選手からチートイあがってラス回避

結果的に最終局となる南4局2本場。
ここでも石橋VSたろうで締めくくり。

点棒状況は以下。

たろうさんは満貫出あがりや13,00-2,600ツモあたりでトップ。
バッシーも3着まで2,700差。

ここでも紆余曲折有りますが、たろう選手は3筒チー、6筒ポンして筒子の清一色狙い。
バッシーは出あがりでも3着浮上できる赤5索使っての七対子かリーチかけての一盃口あたりを目指す。

たろう選手、5索をツモって、ここでツモ切りの選択肢もあるところ、先に東切り。

解説の渋川さんは、先に東を切り、索子を後から切ることで少しでも他家を惑わす狙いか、或いは他家への絞りか、と言ってましたが、後の振り返りでたろうさんは単純に対面の和久津選手が聴牌しているとしたら索子だと思い、とりあえず先に東を切ったとの事。

この後先が運命を分けることに。

七対子のイーシャンテンだった石橋選手。
たろう選手の東切り直後に聴牌!

リーチを掛けるか、赤5Sなりのドラ1枚使いなら3着浮上。

ここで2Sを切って5S待ちのダマに。

渋川「あー、5索たんきだ(ちょっと語尾がよく聞き取れず)」
日吉「5S残しちゃった」

そしてなんという運命のいたずら。

その直後にたろう選手、5筒ツモって聴牌。
当然の5索切り。

最後も「石橋伸洋 – 鈴木たろう」間の点棒授受で決着。

がっくりとうなだれる鈴木たろう

もし先に5索を切っていれば、少なくともこの巡目での決着はなく、しかも岡田選手は前巡に以下の牌姿。

たろう選手の清一色は当然分かっていても、自身のあがりもまだ見ている筈なので9筒は次にも出そうな形。

一巡の後先の怖さが分かる場面でした。

ここで石橋選手が「」の5索待ちだったのもなにか感慨深いものがあります。

対局後の本人たちの振り返り

この対局、ロンあがりは5回。

うち、たろう選手が和久津選手に振り込んだ1回を除き、残りは石橋選手とたろう選手がお互いに振り込み合う形が2回づつでした。

石橋選手はパイレーツ公式Twitterでの路上感想戦で振り返り。

赤5索切りの局を振り返っています。

たろうさんは、自身の公式Youtubeで、検討配信を行っています。

Mリーグ2020ライブ 11/23検討配信
Mリーグ2020ライブ 11/23検討配信

ちなみにこのたろうさんの配信、途中で和久津選手、石橋選手、多井選手、堀選手がチャットに登場。
この時の対局の岡田選手以外の対局者3人が揃うというなんとも豪華な配信になっています。

まとめ

Mリーグをよく見ている方ならご存じの通り、パイレーツの石橋選手、赤牌を切っているにも関わらずその牌を跨ぐ待ちをすることであがり牌を引き出す打ち方をたまにします。

今シーズンも、黒(普通の)5筒を持っているにも関わらず、赤5筒切りリーチをして出あがり率を高めようとしたことがありました。

↓こちら、以前書いた記事です。

厳密にはこの時は跨いでいたわけではなく、また、空振りに終わりました。

今回は華麗に決まったことで、今後ますます石橋選手の赤切りは、他のMリーガーよりも跨ぐ待ちを警戒されるでしょう。

実際にはそうなっていないケースの方が多いわけですが、これで相手を疑心暗鬼に出来ます。

今度は逆に、単純な赤切りを警戒した上で普通の待ちに振り込む、という形が見れると面白いな、と思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました